• 水. 5月 12th, 2021

20 産後ママの育毛剤の使用はもはや常識?選び方や注意点を調査しました

女性には出産後にホルモンバランスの乱れから、産後脱毛症となってしまう人もいるのです。そのため悩める産後ママにとって、育毛剤は欠かせないアイテムと言えるでしょう。
産後ママのために育毛剤の選び方や注意点を調査しましたので、良ければ参考にしてみてください。
まず育毛剤の選び方ですが赤ちゃんを自分のおっぱいで育てる場合、無添加かつ天然成分が含まれているものが良いでしょう。
育毛剤はかぜ薬のように口から飲むものではありませんが、成分は頭皮から浸透して体内に入ることになります。そのため授乳中は育毛剤の成分をよくチェックし、刺激性の高い成分が含まれているものは避けた方が良いのです。
自分のおっぱいではなく粉ミルクで育てる場合にも、無添加かつ天然成分の育毛剤がおすすめです。天然成分は人工的に作られたものではないため、副作用の可能性は低いと言われています。
また産後ママは子育てのためにいろいろと神経質となり、頭皮が敏感になりやすいかもしれません。頭皮が敏感になると乾燥しやすくなり、炎症を起こしてしまうこともあります。

炎症により頭皮環境が悪くなってしまうと、抜け毛がひどくなる可能性もあるため注意が必要です。頭皮が敏感になっている場合、できるだけアルコールの含有量が少ない育毛剤を選ぶことをおすすめします。
アルコールには成分を浸透させやすく効果が期待できるため、少量であれば気にする必要はないでしょう。しかし敏感な頭皮を刺激から守ることを考えれば、アルコールの含有量が少ない育毛剤を選んだ方がメリットがあるのです。
産後ママが育毛剤を使う際の注意点ですが、市販のものを選ばないことです。市販の育毛剤には、多量のアルコールが含まれている場合もあります。
またミノキシジルという成分が配合されているものを使う場合、かゆみを感じるかもしれません。これは成分の副作用ではなく血行が促進されて副次的に起きるかゆみであるため、必要以上に心配する必要はありません。
しかしかゆみが続き子育てなどに集中できない場合は、使用を中止することをおすすめします。かゆみを感じなくなったら様子を見て、異常がなさそうであれば用法用量を守った上で使い続けると良いでしょう。
抜け毛には様々な原因があり年齢は関係ないため、若い産後ママが育毛剤を使うことは珍しいとは言えないでしょう。一緒に子育てを行うパパやその他家族たちがママの悩みに耳を傾け、協力的な姿勢を見せることも重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。