• 木. 10月 28th, 2021

10 育毛剤には化粧品と医薬部外品があるって本当?2つの違いは何?

育毛剤には様々な種類がありますが、そもそも髪の毛に関する商品には分類が存在します。その分類の中には化粧品と医薬部外品があり、詳しく知らない人もいるのではないでしょうか。

2つの違いや育毛剤との関係について説明しますので、気になるのであれば参考にすると良いでしょう。

まず育毛剤には化粧品と医薬部外品があるのかについてですが、これは違います。育毛剤だけではなく、育毛に関する商品を含めた薬品には3つの種類が存在するのです。3つの種類は上記した化粧品と医薬部外品、そして医薬品のことを言います。

育毛剤は医薬部外品に該当し、直接的に髪の毛を生やす効果は認められていません。

あくまでも髪の毛が生えやすくなる環境を整えるためのものであり、薄毛の治療よりも予防に向いているでしょう。そのため育毛剤を使うときは、髪の毛が生えてくると過剰に期待しない方が良いです。

そして化粧品と医薬部外品の違いですが、成分にあります。化粧品は治療を目的としたものではなく、美容のためにあるものと言えるでしょう。

医薬部外品に認められている皮膚の殺菌などの効果は認められておらず、パッケージ上に表現することはできません。

一方医薬部外品である育毛剤の場合、濃度の制約がある成分を化粧品よりも高濃度で配合することができます。しかし臨床により効果が確認できたとしても、法律の定める基準をクリアできなければ医薬部外品にすることができないのです。

そのためメーカーが規制を考慮した結果、敢えて育毛剤としてではなく化粧品である養毛剤として商品を販売することもあります。

化粧品と医薬部外品には成分に関する違いがありますが、上記した事情から化粧品が劣っているとは断言できないのです。そのため化粧品と医薬部外品は単なる分類であり、期待できる効果については優劣がない可能性もあります。

ただし目的を考えてどちらかを選ぶのであれば、育毛剤の方が良いかもしれません。育毛剤には使う人の頭皮のことが考えられたものもあり、刺激性の低い成分が含まれている場合もあるのです。

天然由来の成分であれば副作用の心配もなく、頭皮が乾燥しやすい人でも安心して使えるのではないでしょうか。

化粧品の育毛剤があるというのは正確には間違いですが、メーカーの事情から養毛剤として販売されることもあるため要注意です。医薬部外品である育毛剤が欲しい場合、化粧品と間違えないように成分表示をよくチェックすることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です